処分するには

空き缶やアカウントから人間関係まで。処分の方法を紹介

ビデオテープ(VHSテープ)を処分する方法

      2017/05/22

画像元:http://www.photo-ac.com/main/detail/359022?title=%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%97

スポンサードリンク

ビデオテープ(VHSテープ)を処分するとき、困っていませんか?

 部屋の片付けをした際など、ホームビデオや撮り溜めしておいたビデオテープがでてきて困った、という経験はないでしょうか。

子どもの思い出


 子どもが小さい頃の運動会やお遊戯会を撮ったビデオテープなどは、なかなか捨てるに捨てられないものです。
 かといって、そのままにしておいても見ることがほとんどない、ということも多々あります。

撮り溜めしておいたビデオ


 ドラマや音楽番組など、撮り溜めしておいたビデオテープなどもあるかと思います。
 いつの間にかビデオデッキの方が古くなって、再生できなくなっている、ということもあるのではないでしょうか。

オカルト・風水的な話として

 オカルト的な話が嫌い、風水なんて信じないという方は読み飛ばして下さい。
 古いものは良くないとされていますので、見ていないのであれば捨ててしまいましょう。
 捨て方に決まりはないようですが、子どものビデオテープなどは、顔が入ったものは気になるという場合もあると思います。そういった場合には、写真同様、白い紙に包むのもいいかもしれません。

ビデオテープ(VHSテープ)をゴミとして処分するには?

 詳しくは自治体のHP等をご確認下さい。
 横浜市では燃やすごみとして処分することになっています。
 地域によってはプラスチックゴミとして収集される場合もあります。

ビデオテープ(VHSテープ)をリサイクルや回収業者に頼んで処分してもらうには?

 業者に頼んでダビングしてもらうという方法もあります。

VHS→DVDにダビングしてくれるサービスに依頼する


 値が張る場合もありますが、VHSをDVDにダビングしてくれるサービスに頼むのも一つの手です。
 難しいことを考えずに、業者に送ってしまえば済む方法なので、一番気軽な方法でもあります。
 この場合、業者によって値段や納期がまちまちであるというリスクもあります。
 ちなみに業界最安値は【想い出ビデオDVDダビング工房】さんだと思います。納期がかかっても問題ない、という方はこちらでお試ししてみるのがいいのではないでしょうか。

ビデオテープ(VHSテープ)のその他の処分方法は?

 自力でDVDにダビングするという方法もあります。

VHSからDVDにダビングできるビデオデッキ(中古)を購入する


 もしかしたら一番安上がりになるかもしれないのが、DVDにダビングできるビデオデッキを購入してしまう、という方法です。価格も10,000円前後で購入できますので、安上がりといえば安上がりです。
 VHSテープ→ダビング可能ビデオデッキ→DVDという形です。VHS-C(ポータブルビデオのビデオテープ)の場合には別途VHSカセットアダプターが必要になります。
 注意点といえば、既に生産終了している商品ですので、中古しか手に入らない点です。粗悪品を掴まされる可能性がゼロではない、ということです。
 最近はDVDにダビング可能のDVDデッキが安くレンタルできるようにもなりましたから、どれだけの日数でダビングできるのか、吟味して選択したいですね。


ビデオデッキ(新品)とUSB接続ビデオキャプチャーを購入する


 DVDにダビングできるビデオデッキだと中古という選択肢しかありませんが、DVDにダビングできないタイプのビデオデッキはまだ新品もあるようです。
 ですので、再生専用のビデオデッキにUSB接続タイプのビデオキャプチャーがあれば、パソコンに接続してDVDに焼くという方法もあります。
 VHSテープ→再生専用ビデオデッキ→USB接続ビデオキャプチャー→パソコン→DVDという形です。VHS-C(ポータブルビデオのビデオテープ)の場合には別途VHSカセットアダプターが必要になります。




VHSからDVDにダビングできるビデオデッキをレンタルする


 ビデオデッキ自体をレンタルしているサービスもあります。おすすめはDMMいろいろレンタルです。
 日数が伸びてしまえば割高になりますが、レンタル期間内(2日~)で収めれば一番安くDVD化することができる可能性があります。

ビデオテープ(VHSテープ)を整理しておくには?

 未だ健在のビデオデッキがある場合には、見る可能性のあるビデオ、今後見ない可能性の方が高いビデオというように分類し、いらないものは捨ててしまうのがいいと思います。
 また、見る可能性のあるビデオでも、湿気によりカビが発生し、いつかは再生できなくなるかもしれません。早めにDVDに変換しておくのもいいかもしれません。

トランクルームに保管しておく


 どうしてもVHSの状態で保管しておきたいのであれば、トランクルームも活用できます
 トランクルームといっても、ダンボールで預けられるものもありますから、1~2箱であればかなり安価に預けられるでしょう。

ビデオテープ(VHSテープ)のリメイクって何があるの?

 ビデオテープに関しては、この方法はないと思います。

ビデオテープ(VHSテープ)を身内に処分してもらうには?

 特に小さいころのビデオテープを大切に保管しているのは、親世代ではないでしょうか。
 親世代にとっては大切な宝物です。ですので、処分してほしいというのはなかなか酷かもしれません。
 そういう場合には、「還暦祝い」や「誕生日祝い」などと称して、ビデオテープをDVDにしてプレゼントするというのもいいかもしれません。

 また、家族が撮り溜めしておいたビデオテープを処分してくれなくて困っている、ということもあるかと思います。
 そういう場合には、いつかビデオデッキの生産やビデオテープそのものの劣化により見られなくなるリスクを話すのもいいのではないでしょうか。

ビデオテープ(VHSテープ)の処分に関連するサイト

不用品の片付けならエコノバ


 処分に困るもの、どこに処分を依頼すればいいか分からないですよね。
 そんなときは不用品おかたづけ見積りネットに見積もり依頼をしてみては?
 全国の不用品回収業者に見積もり依頼をすることができます。

 - 思い出 , ,