処分するには

空き缶やアカウントから人間関係まで。処分の方法を紹介

カメラのキタムラでレンズを処分しました

      2017/03/30

画像元:

スポンサードリンク

 カメラのキタムラで、カメラのレンズを処分しました。

処分したレンズ

 処分したのは以下の2本です。
オリンパス ズイコーデジタル 2x Teleconverter EC-20
オリンパス フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980
【カメラのキタムラ】オリンパスEC-20
【カメラのキタムラ】オリンパスBCL-0980

処分した理由

 レンズを処分したのは使う機会が少なくなっていたからです。
 ズイコーデジタル 2x Teleconverter EC-20の方は野球観戦に行ったときに選手を撮ったり、散歩に行ったとき野鳥を撮ったりしていましたが、なかなか普段使いには向きませんでした
 フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980の方は広域を撮るときに便利でしたが、普段はメインのM.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8をつけたままなので、こちらも活用しきれずでした。
 実際活用している方は、ボディキャップだったり、動画を撮ったりしているようですね。

買取かオークションか

 レンズは値が張るものですので、時間に余裕のある方は、ネットオークションもいいかと思います。その方が高く売れます。
 ただ、私の売りたいレンズがマニアックすぎて、誰も買い取ってくれなかったら嫌だな、高価なものだからトラブルになったら面倒だなという思いから、今回は買取にしました

買取店について

 買取店については、いくつか比較した結果、カメラのキタムラにしました。
 理由は

・メジャーな店舗
・買取価格が表示される

 という2点で選びました。

メジャーな店舗

 一つ目のメジャーな店舗を選んだ理由として、名前も知らないお店に売るのはちょっと気が引けました。ちゃんと買取してくれるか分からないでトラブルになるのも嫌でしたし。「送った」「送られてこない」とか「モノが壊れていた」というトラブルがあったら、もっと嫌だったので…。

買取価格の表示

 もう一つは買取価格が表示されることです。ネット買取の場合、大きく3つのパターンがあります。

・買取価格が即時に表示される
・買取価格はメールフォームに入力後、メールで返信がくる
・買取価格は不明。送って買取不可の場合もある

 私が売りたいレンズは、ちょっとマニアックなレンズなので、ちゃんと買い取ってくれるか心配だったんです。なので、最初から買取価格不明の店舗は却下しました。
 メールフォームでやり取りするのは面倒だったのでこちらも却下。ここで買取不可だったら嫌ですしね。

買取の方法

 カメラのキタムラにアクセスします。
 無料オンライン査定をクリックします。
【カメラのキタムラ】無料オンライン査定
 商品名を入力し、検索するボタンをクリックします。
【カメラのキタムラ】商品名の入力
 検索結果が出ますので、商品名をクリックします。
【カメラのキタムラ】商品名をクリック
 買取価格が表示されます。
【カメラのキタムラ】買取価格の表示
 2点入力したら買取の申し込みをします。
【カメラのキタムラ】直送買取
 店舗と直送は、悩みましたが今回は直送にしました。(店が右折でしか入れないので…)
【カメラのキタムラ】買取方法の選択
 買取方法は3つです。本当は真ん中を選びたかったのですが、「現住所が記載された住民票の写し(コピー不可)」が必要だったので仕方なく1番目の方法(梱包ボックス申込み)にしました。
 梱包ボックスが必要な1番目の場合は「ご本人確認書類のコピー(免許証、保険証、有効期限内のパスポートのいずれか)」でもオッケーです。
 買取を申込むボタンをクリックします。
【カメラのキタムラ】買取を申込む
 お客さま情報を入力します。箱のサイズや到着日も選べるので便利です。
【カメラのキタムラ】お客さま情報を入力
「直送買取のお申込を承りました」のメールが送られてきます。ネットでのやり取りはここで一旦終了です。

梱包ボックスにレンズを詰めて返送する

 3日ほど経って梱包ボックスが送られてきました。とても軽くてびっくりします。
【カメラのキタムラ】梱包ボックス
 中身は封筒と梱包材です。
【カメラのキタムラ】梱包ボックスの中身
 封筒の中には着払い伝票と説明書きです。
【カメラのキタムラ】封筒の中身
 説明書きに従い、カメラを梱包し、本人確認書類を入れます。梱包材が入っていて本当に良かったです。我が家は新聞を辞めてしまったので、梱包するものがなかったのです。
 また、梱包の仕方も書いてあって助かりました。意外と梱包に自信がなかったので(笑)
【カメラのキタムラ】梱包材を包んだ状態
 あとは箱を閉じて、着払い伝票に自分の住所等を記入し、コンビニに持っていきました。電話一本でクロネコヤマトも取りに来てくれるのですが、今回はコンビニに用事があったので。
 返送はここで終了です。

査定金額の連絡

 返送してわずか1日で査定金額の連絡がきました。
 値段はまずまず…かな。買取目安金額内の金額です。
 金額に納得できない場合、キタムラ側が送料負担で返送も可能です。

了承の返信をする

 買取金額に了承したら、その旨返信をします。ここが唯一のメールのやりとりです。

入金口座の入力

 翌日には入金口座を入力するためのメールが送られてきます。サイトにアクセスし、口座番号等を入力します。

確認のメールが届く

 翌日に振込口座を確認しましたとの連絡。この時点ではまだ振り込みはされていません。

入金される

 入金されたのは翌々日です。

実際にカメラのキタムラの買取サービスを利用してみて

 今回、実際にカメラのキタムラのサービスを利用してみた感想です。

早い

 私が発送するのが遅かったので2週間ほどかかりましたが、すぐに発送すれば10日とかからず入金されると思います。
 オークションに出品すると、何週間も入札されるかどうか分からないようなマニアックなレンズでしたので、こうやって即座に処分できるのは気持ちがいいです。

煩わしさがない

 メールのやり取りをしなくてはならないのは、金額に了承したかどうかだけです。ですので、何度もメールをやり取りすることはありません

買取金額は納得できる金額

 上記2点があるため、買取金額には納得です。オークションだといつまで経っても売れないようなレンズに値を付けてくれるわけですから。
 買取金額も最初に表示される買取目安金額の範囲内でした。
 マニアックなレンズをお持ちで、すぐに処分したい方におすすめです。

 - 買取 , , ,